s

単元未満株を買うなら、どこのネット証券がいい?

単元未満株で株式投資をするメリット

 銘柄によっては、株を買いたい企業であっても単元株が100株や1,000株だと、より多くの資金が必要で買えない場合が少なくありません。
 たとえば、株価が3,000円であっても単元株数が1,000株なら、
3,000円×1,000株=3,000,000円
 が必要で、少額から投資をしたい人には手が届かない場合も・・。

 そんな人は、単元未満株を買うことで、売買の対象となる銘柄がグーンと広がります。

 とくに、1株から好きな株を買えるのであれば、ほとんどの銘柄が1万円で取引できます。
 また、1株から買えるなら、複数の銘柄を少しずつ買うことができ、リスクを分散できるメリットもあります。

単元未満株でも配当を受けられる!?

 単元未満株は単元株同様に株主権(主に自益権)があり、配当の配分や株式分割の割当も保有株数に応じて正規配分されます。
 ただし、単元未満株では議決権が与えられないのでご注意ください。

1株から買えるネット証券と手数料の比較

 では、1株から買えるネット証券会社と、各社の手数料を見ていきましょう。

証券会社 名称 手数料 最低手数料 5万円買った場合の手数料
マネックス証券 ワン株 約定代金×0.525%(税込) 50円 262円
SBI証券 S株 約定代金×0.54%(税込) 54円(税込) 270円(税込)
カブドットコム証券 プチ株 約定代金2万円まで105円、
以降約定代金1万円増加まで毎に70円加算
(ただし、売り約定代金が105円以下の場合は、
手数料は無料)
105円 315円

 ご覧のように単元未満株を買うなら、マネックス証券もしくはSBI証券が低コストで取引できることが分かります。
 なので、少額から取引をしたい、単元未満株を取引きしたい、という方は、この2社で口座開設をするのがベストです。

マネックス証券 | SBI証券 | カブドットコム証券

あなたはどのタイプ?おすすめのネット証券