GMOクリック証券の特徴@ネット証券の比較サイト

GMOクリック証券

 GMOクリック証券は2015年度オリコン顧客満足度ランキング、ネット証券部門総合第1位を獲得している証券会社。
 多くの投資家が高い評価を与えているGMOクリック証券は、現物取引のほか、先物・オプション、FX(店頭取引・くりっく365)、外為オプション、CFD、外国債券と幅広く商品と取扱っています。  



GMOクリック証券のメリット

業界最安値水準の手数料

 現物取引の手数料は「1約定ごとプラン」と「1日定額プラン」の2種類を用意。
 投資スタイルに合わせて選択可能です。
 2種類のプランの手数料は下表のとおりとなっています。

 ※GMOクリック証券は平成26年4月の消費税率引上げ後も、手数料を据え置きとしています。また、他社と異なり手数料は「税込み」となっていますので、ご注意ください。

手数料プラン 約定代金 手数料(税込) 手数料プラン 約定代金 手数料(税込)
1約定ごとプラン 〜20万円 105円 1日定額プラン 〜20万円 230円
〜50万円 260円 〜30万円 300円
〜100万円 470円 〜50万円 430円
〜150万円 570円 〜100万円 860円
〜3,000万円 900円 〜200万円 1,260円
3,000万円超 960円 〜300万円 1,660円
300万円超 以降、100万円ごとに290円を加算

 なお、コールセンターを通じての現物取引は、約定代金の0.10%が別途「コールセンター手数料」としてかかります。

豊富な取引ツール

 GMOクリック証券では、操作が簡単で高機能な取引ツールを豊富に用意。
 シンプル操作が自慢の「はちゅう君」は注文機能に特化した投資ツール。
 その「はっちゅう君」をさらに進化させた「はっちゅう君プラス」は、表示位置を自由に変えることができ、フレキシブルなレイアウトを実現させられます。
 板から注文できる機能は、値動きが早い日経225先物・ミニ日経225先物にて威力を発揮します。
 さらに「スーパーはっちゅう君」は、リアルタイムで配信されるマーケット分析情報や、30種類のテクニカル分析が使えるチャートを搭載したトレードツール。

スーパーはっちゅう君取引画面


 そのほか、携帯からの取引は「モバトレ君」が便利。
 注文機能はもちろん、即時入金サービスも出来るので、外出先でも売買が可能です。

モバトレ君取引画面


 また、アンドロイドケータイ用のアプリ「株roid」は、スマートフォンならではの特徴を生かし、板情報、チャート、マーケットニュース、開示情報、銘柄検索などPCさながらの操作性で高い支持を集めています。注文もスムーズなので、アンドロイドケータイユーザーにはおすすめアプリです。

株roid


証券所 インターネット コールセンター
東京証券取引所 6:00〜15:00、17:00〜3:00 8:00〜15:00
大阪証券取引所 6:00〜15:10、17:00〜3:00 8:00〜15:10

全ての取引を1つのIDとパスワードで

 GMOクリック証券で取扱っている全ての商品、現物株、FX、先物・OP、CFDが、1つのIDとパスワードでログインすることで取引可能となります。
 一元管理なので、いちいち商品ごとのIDとパスワードを覚える煩わしさがなく、スムーズに取引を開始できます。

 また、証券取引口座からFX取引口座へ、FX取引口座から証券取引口座へとリアルタイムに資金を移動することができるのもGMOクリック証券の魅力。
 前述の通り、全ての投資商品の管理画面が同一なので、ストレスもありません。

お客様の声を反映した商品開発

 GMOクリック証券ではお客様から寄せられた要望・意見をもとに、トレードツールの機能改善や新サービスの提供など、常に投資家目線に立った行動をとっています。これが顧客満足度アップに貢献していると思われ、はじめて現物株を取り引きされる方にはおススメ度の高い証券会社の一つです。



ページトップへ

FX業者