プチ株・S株のメリットと取扱い証券会社

プチ株、S株とは?

 プチ株とかS株とは、単元未満株取引の商品名で、証券会社によって呼び名が異なります。

 単元未満株の取引をできるものに「ミニ株」がありますが、ミニ株は単元株の1/10からの取引。
 たとえば1単元が100株の銘柄の場合、ミニ株だとその1/10である10株からの取引となります。
 これに対し、プチ株やS株は1株から取引が可能な商品なので、より少額から投資をされたい方に適していると言えます。

 1例を挙げると、株価3万円、1単元が100株の銘柄があったとします。

 通常の株取引だと300万円の資金がないと買うことができませんし、ミニ株でもその1/10である30万円の資金が必要。
 しかし、プチ株やS株だと、3万円の資金で買うことができます。

プチ株、S株のデメリット

 ミニ株よりもさらに少額から取引可能なプチ株やS株ですが、取引するにあたって注意しなければならない点があります。
 以下に注意点を挙げますが、これらはミニ株にも共通することで、プチ株やS株のデメリットと捉えることもできます。

 一つ目は指値注文ができず、成行のみの注文でしか売買が成立しないという点です。
 プチ株、S株の注文を出した場合、翌営業日の始値での約定となります。
 これは買い注文も売り注文も同じで、取引時間中に株価が大きく変動した場合、希望価格と乖離した価格で約定してしまうケースもありえます。

 二つ目の注意点は、株主優待を受け取ることができない点。
 株主としての議決権が1単元ごとに与えられているため、単元未満で売買できるプチ株、S株を利用する方には議決権も与えられません。
 なお、配当金や株式分割の割当てを受けることはできます。

 そして三つ目は手数料です。
 取引量が少なくなったからといって、手数料も普通の株取引の1/10になるというワケではありません。
 手数料が割高になりますので、よく理解して投資をする必要があります。

ミニ株のメリットとデメリット

 また、単元未満株の取引でおすすめの証券会社を別ページにてまとめています。
 少額から株式投資をしたい方は、こちらのページもあわせてご覧ください。

単元未満株でおすすめの証券会社

ネット証券会社選びで迷ったらココがおすすめ!