ネット証券を定額手数料で比較【証券会社を選ぶポイント】

ネット証券を定額手数料で比較してみよう

 証券会社が定める取引手数料(株式売買手数料)には、1回ごとの取引にかかる通常の手数料のほか、今では多くの証券会社が定額手数料を設定しています。
 定額手数料とは、1日の約定金額の合計額に応じてして手数料が決まっているもので、1回の取引ごとに支払う手数料と比較して抑えられた額になっています。

 中・長期的な資産運用を考えている方や2〜3ヶ月に1回とは半年に1回しか売買をしないという方なら、通常の取引手数料を比較してネット証券を選ぶのがお得ですが、1日に何度も売買をするデイトレーダーなら定額手数料を導入しているネット証券を選ぶのがお得。
 もちろん、なら、1日に何度取引しても、一定の金額を超えなければ手数料は同額となります。
そのため、1日の取引頻度が高いデイトレーダー向けのシステムと言えるでしょう。
ここでは、ネット証券ごとの定額手数料を一覧表にまとめてみました。
ネット証券選びの参考にしてみてください。

通常の取引手数料でネット証券を比較

ネット証券の1日定額手数料一覧(単位:円<税抜き>)

証券会社名 手数料プラン
売買約定代金合計額(1日)
10万 100万 300万 1,000万
SBI証券 アクティブプラン ¥96 ¥762 ¥1,562 ¥4,362
楽天証券 いちにち定額 ¥429 ¥858 ¥3,000 ¥10,000
松井証券 ボックスレート ¥0 ¥1,000 ¥3,000 ¥10,000
マネックス証券 1dayパスポート ¥2,500 ¥2,500 ¥2,500 ¥10,000
岡三オンライン証券 1日定額プラン ¥99 ¥800 ¥1,800 ¥5,300
SMBC日興証券 取扱いなし
岩井コスモ証券 アクティブコース ¥80 ¥800 ¥2,400 ¥8,000
GMOクリック証券 1日定額制 ¥213 ¥797 ¥1,538 ¥3,417
ライブスター証券 定額(おまとめ)プラン ¥400 ¥600 ¥1,400 ¥4,200
エイチ・エス証券 ハイパーA ¥2,500 ¥2,500 ¥2,500 ¥10,000
大和証券 ハッスルレート ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥12,000

取引手数料が安い証券会社は

 1日定額プランの手数料は、約定代金合計額でどこの証券会社が有利かは変わってきます。
 SBI証券、ライブスター証券、GMOクリック証券あたりが全体的に安く手数料を設定しているかなと、表を見ると感じます。

 ただ、1日に何回も取引をされるということは、“デイトレード”を主体としていますので、デイトレードにおすすめのネット証券のページをご覧ください。

デイトレードに適したネット証券

ネット証券会社選びで迷ったらココがおすすめ!