ネット証券のメリットは?

ネット証券にはデメリットもある!?

 利便性とコスト面に優れたネット証券。

 取引手数料が安く、自宅で手軽にトレードできるネット証券ですが、それではネット証券を活用するにあたってデメリットはあるのでしょうか?

 オンライントレードという特質を考えると、デメリットが全く無いとは言えなさそうです。

パソコン・携帯電話を利用するデメリット

 ネット証券を活用したオンライントレードで、結構多いのが注文時の誤入力ミス。
 普段、あまりパソコンに触る機会が少ない方、インターネットの閲覧やゲームなどでしかパソコンを利用したことがない方にとっては、不慣れな分、誤った入力をしがちです。

 また、オンライントレードという特性上、パソコンや携帯電話といった端末が故障した場合やインターネット回線が使用できなくなった場合は、取引が不能となります。
 特にパソコンの故障というのはありがちですので、パソコンが壊れても携帯電話で取引ができるよう、普段から携帯電話での取引画面にも慣れておくことが肝心と言えるでしょう。

セキュリティ(安全性)への不安

 インターネットが広く普及した今、市販されているパソコンには様々なセキュリティ対策が取られていることや、ノートンやウィルスバスターなどのセキュリティソフトを使用するユーザーも増えたため、以前よりもウイルスや個人情報漏洩などのリスクはかなり減少してきています。

 しかし、ウイルスやハッキングなどの手口も年々悪質になってきているので、インターネットを利用している以上、100%安全なセキュリティは事実上存在しません。
 このため、ウイルスに感染してデータが破壊されたり、個人情報がいつのまにか漏洩されいる恐れも否定できません。

 こういったことは、近年では当たり前になったオンラインショッピングなどでも言えることではありますが、セキュリティに対する不安は常に頭に入れておきましょう。