ミニ株のメリットとデメリット

ミニ株とは?ミニ株を利用するメリット

 株を買うとき、1株単位で買うことのできる銘柄もありますが、多くの場合、100株や1000株というように、まとまった株数でしか買うことが出来ません。
 株の取引が可能となる最低株数を単元株と呼び、銘柄ごとに単元株数が定められています。

 一単元50万円以上する銘柄も珍しくありません。

 たとえば株単価3,000円の銘柄を買おうとしたとき、その単元株が100株であれば30万円(3,000円×100株)からでしか買うことが出来ません。

 株式投資を始めようと思っても、知識も乏しい中、いきなり30万円も投資に回すのは心配と考える人も少なくないでしょう。

 数十万円、数百万円もの資金が捻出できずに手を出せずにいた方もいます。

 ミニ株は、単元株の1/10から取引可能で、それまで株式投資は大きなお金が必要だとあきらめていた方や、投資経験の浅い株式投資初心者の方から大きな人気を集めています。
 買いたい銘柄があるけど、単元では買えない方にも魅力的です。

 また、複数の銘柄に少額づつ分散して投資が出来るため、リスク分散としてミニ株を利用されている投資家もいます。

 ミニ株のメリットをよく理解して、株式投資の参考としましょう。

ミニ株を売買する際の注意点

 少額から取引可能だということで人気を集めているミニ株ですが、このミニ株を取引するにあたって注意しなければならない点があります。

 一つ目は指値注文ができず、成行のみの注文でしか売買が成立しないという点です。
 ミニ株の注文を出した場合、翌営業日の始値での約定となります。
 これは買い注文も売り注文も同じで、取引時間中に株価が大きく変動した場合、希望価格と乖離した価格で約定してしまうケースもありえます。

 二つ目の注意点は、株主優待を受け取ることができない点。
 株式の発行会社は、株主優待について単元株主を対象としています。
 株主としての議決権が1単元ごとに与えられているため、単元未満で売買できるミニ株を利用する方には株主総会の議決権も与えられません。
 なお、配当金や株式分割の割当てを受けることはできます。
 また、ミニ株を数回に分けて利用して単元株に達した場合は、株主優待や株主としての議決権が与えられます。

 そして三つ目は手数料です。
 取引量が少なくなったからといって、手数料も普通の株取引の1/10になるというワケではありません。
 手数料が割高になるケースがありますので、よく理解して投資をする必要があります。

1株から取引できるプチ株、S株

 ミニ株だと、1単元10株の銘柄だと1株から、1単元100株の銘柄だと10株から買うことが出来ますが、1単元が10株だろうが100株だろうが、はたまた1000株だろうと、1株から買うことができる商品があります。
 取扱う証券会社で呼び名が異なりますが、プチ株とかS株と呼ばれる商品で、これだとさらに買付できる銘柄の幅が広がります。

 1単元100株で株価3万円の銘柄を買いたくても、ミニ株だと30万円の資金が必要なのに対し、プチ株・S株なら3万円の資金で買うことができるので、1単元が100株の銘柄を少額で買いたい人に最適な商品。

 このプチ株・S株に関してはこちらのページで紹介してますので、興味のある方は、参考としてください。

プチ株・S株とは?

 また、単元未満株の取引でおすすめの証券会社を別ページにてまとめています。
 少額から株式投資をしたい方は、こちらのページもあわせてご覧ください。

単元未満株でおすすめの証券会社

ネット証券会社選びで迷ったらココがおすすめ!