新規公開株(IPO)とは?IPOは儲かる?

新規公開株(IPO)とは?

 新規公開株(IPO)とは、未上場会社が株式を証券取引所に上場し、株式市場で誰でも売買出来るようになった株式のことを言います。
 企業にとっては、不特定多数の投資家から資金を調達できることが可能となるほか、上場することで知名度が上がることで人材の採用や社会的な信用を高めるなどのメリットがあります。

 「公募価格(売出価格)より初値が高くなる確率が高い」と、IPOの買付を薦める投資家も多かった(今でも薦める方が少なくないですが。)のですが、それも一昔前の話。
 IPOバブルとも呼ばれた数年前なら、確かに高確率でIPOで大きく儲けることが珍しくありませんでしたが、今は別。
 株価の上値が重く、株価指数が下落し続けることも珍しくない現在では、初値が公開価格を下回ることも珍しくなく、高確率で儲けられる!という過信は禁物です。

 とはいっても、やはりIPO株で数十万、数百万の利益を出すことも儲けることもあります。
 IPOを追いかける投資家の多くは、公募価格で株式を取得し、初値が付いたら売ります。
 るわけで、IPOで儲ける確率を上げるためには、手当たり次第に新規公開株に飛びつくのではなく、やはり情報収集と銘柄選びが大切になってきます。

IPOは誰でも買えない

 IPO株は証券会社を通して買うのですが、どの証券会社でも買うことが出来ません。
 たとえば、新規上場した企業がIPO株を10000株発行したとすると、投資家に買ってもらうために株式を証券会社に割り振ります。
 このとき、すべての証券会社に均等に割り当てられるのではなく、証券会社Aに3000株、証券会社Bに5000株、証券会社Cに2000株といったように差が出ます。
 さらに、割り当てられない証券会社も出てくるのです。

 このため、IPOに興味があるなら、複数の証券会社に口座を開設する必要があります。

 また、証券会社の販売株数を上回る申込みがあった場合、コンピュータによる抽選が行われ、当選された方のみがIPO株を買うことが出来ます。
 IPO株は今でも人気があるため、買えるかどうかは、ほぼ抽選で決まると考えていいでしょう。
 なかなか当選しないのが現状ですが、複数の証券会社でIPOの申込みをすれば、抽選回数も増え、その分当選確率も高まります。

未公開株の勧誘には注意を!

 最近、未公開株・社債等について「上場予定があり、上場時には値上がりが確実である」「未公開株を買い取る」「高利回り、元本確保の社債」等と、金融商品取引業者(証券会社)の架空の名前を騙った者や、金融商品取引業者以外の者(例えば上場を直前に控えているとうたった会社の役職員)から、一般投資家の方々に購入や売却の話を持ちかける事例が多発しております。 未公開株・社債等の勧誘や販売については違法行為の可能性が大きいですからご注意ください。
 少しでも「怪しい」と思われた場合には、取り引きを見合わせることをお勧め致します。

ネット証券会社選びで迷ったらココがおすすめ!