デイトレードに適したネット証券は?

デイトレード主体なら手数料とシステムの安定性を重視

 デイトレードを主体としている投資家の場合、もっとも気になるのは手数料の安さ。
 加えて、システムの安定性が高いネット証券が求められます。
 トレーディングシステムの使いやすさももちろん大切ですが、個人差が生じる部分が大きいので、

 まずは、オリコン 顧客満足度ランキングで、「デイトレード」で評価の高いネット証券上位3社を紹介します。

順位 証券会社 得点
1位 松井証券 73.09点
2位 SBI証券 72.66点
3位 GMOクリック証券 72.44点

 ご覧のような結果ですが、1位から3位までの得点差が1点に満たないため、投資家から互角の高い評価を得ていることが分かります。

手数料が安い証券会社

 デイトレードの場合、“手数料の安さ”が重要視されますが、
 オリコンランキング 顧客満足度ランキング(手数料取引コスト)より、上位3社をピックアップしてみます。

順位 証券会社 得点
1位 ライブスター証券 80.44点
2位 GMOクリック証券 86.62点
3位 松井証券 76.84点

 1位を獲得したライブスター証券は、当サイトの取引手数料の比較ページでも紹介しているように、全ての約定代金で他社と比べて割安な手数料に設定されています。
 このため、デイトレードで取引される方にはおすすめ度の高い証券会社のひとつと覚えておいた方がいいでしょう。

システムの安定性

 案外見落としがちですが、システムやネット接続の安定性は、数多くトレードをするうえで非常に重要な要素です。
 デイトレード主体で取引をするなら、ぜひ、この点も考慮して口座開設をしたいところ。
 オリコンのシステムの安定性に関する顧客満足度ランキングでは、以下のような結果を得ています。

順位 証券会社 得点
1位 松井証券 73.78点
2位 カブドットコム証券 72.22点
3位 SBI証券 71.79点

 上位3社の得点差はほとんどなく、これらの会社がいずれも安定したシステムを提供していることが分かります。
 ちなみに4位には71.62点と3位のSBI証券と差がなくマネックス証券が食い込んでいます。
 ページの冒頭で紹介したデイトレードで評価の高い会社に、SBI証券と松井証券が得点差がほとんどなく1〜2位にランクインしていますが、手数料だけではなくシステムの安定性も絡んだ結果が表れていると推測できるのではないでしょうか?

口座開設するならこの証券会社

 以上の結果から、デイトレードを主体で株式投資を始めるなら、松井証券とSBI証券、ライブスター証券の3社が基本だと思います。
 もう一社口座開設をするなら、手数料が安く、総合順位でも上位に位置するGMOクリック証券。
 これらの証券会社は、取引システムも高機能で操作しやすく、かつスマホ専用アプリも用意しています。
 どこが自分にとって一番使いやすいかは、個人差があるでしょうから、3〜4社で口座開設をして「使いやすい!」と感じた口座をメインで利用するのがベストといったところでしょうか。

松井証券 | SBI証券 | | ライブスター証券 | GMOクリック証券

あなたはどのタイプ?おすすめのネット証券